【ホーチミン:旅スタイル】写真と香りで世界を旅する

更新日:2 日前


7月末に日本を離れ、10年ぶりのベトナム、23年ぶりのホーチミンシティ訪問しました


バイクが密集している様子は変わらないし、

轢かれそうになりながら横断歩道を渡るのも変わらないけど、 ただ背景は高層ビルが立ち並び、ホーチミンは近代都市へ変化していた


現地在住のみおさんより、ホーチミンは変化し続け、10年後にはシンガポール並みの都市化を目指しているらしい



ひときわ目立つビルは 地上68階建て、Bitexco Financial Tower

上階のスカイデッキが少し飛び出た特徴的なビルには、ショッピングモール、映画館、オフィス、展望台、ヘリポートなどがある



久しぶりのホーチミン訪問で今回は2か所に宿泊、心地のよい拠点となったのがDistrict1にある利便性高いホテル

Homestead Parkview Hotel

オールドファッションな構成ではあるものの、スペースが広いスイートルームにUpgradeされたおかげで大きな机があって快適に仕事ができたのが良かった。1年以上に渡る旅暮らしで色んな”宿”に泊まっているけどオンライン時代に「机」はマスト。机がない宿、というのも半分くらいあって、そんな滞在時は落ち着いてメールひとつ書けないもの。すべてを満たすのはなかなか難しい旅暮らしでもあります(あとバスタブもね)

このホーチミンでのホテルのスイートルームは、リビングルームも広々、窓からは目の前の公園が見えて、空間の”開放感”が私には必要なものなんだと再認識


ベッドルームや洗面所は区切られた別の部屋となっていて、ホテルの部屋の中に廊下がある喜び



ホテル併設のCafe Ambrosia はホーチミンが失くしかけている古き良き時代を思い出させるような、レトロと新しさが程よくミックスされた空間。ここで毎朝朝食を食べていた、ある日はフォー、ある日はウェスタン



ホテルはホーチミンの台所、ベンタイン市場に徒歩10分程の距離 また、マッサージ店の多いホーチミンシティーの中でも安定の技術力を誇る「ZEN Spa」にも反対方向に徒歩10分程。市場とマッサージには滞在中毎日通った

ZEN SPAは適正価格と確かな技術力で名を誇るホーチミンのオアシス

Tour officeが立ち並ぶ通りにあり、斜め前の旅行会社内には夜遅くまで空いている両替ブースもあるので(日本円レートも割と良い)心配無用




Trinhさん(33番)のストーンマッサージが特にオススメ、リラックス効果バツグン

技術もさることながら、ここのストーンマッサージは温かい石を30個くらい背中にどんどん置いていって、その絶妙な重さで背中のあちこちから疲れ成分が噴き出し消えていく感覚



街中でほぼ見ないマスク姿ですが、急遽タイに行かなければならないことになり、PCR検査を受けました。ホーチミンシティでのPCR testはこちらで

約23USドルで検査、待たずにWalk-in出来て、24時間以内に結果が出るということだったけど、夜6時半に行い翌朝8時にはプリントアウトされた結果表をもらえる便利さ。目抜き通りのドンコイStreetから徒歩10分程、Coffee Labというカフェの隣。



さて、ベトナムと言えば…

コーヒー、フォー、生春巻き、など。とにかく食べ物が美味しい!


そして毎度苦労するのが、通貨のゼロが多すぎること


ゼロが多すぎて数字にちょっと弱い私はよく分からなくなることが多い。コーヒーが5万ドン(300円)が平均的な価格、ちなみにPCRテストは54万ドン(;'∀')


Trung Nguyen Legend Cafeのアイスコーヒー、ここのコーヒーはクセが少なくて飲みやすいから好きで何度か通った


最初に泊まった9 Hostel and Barの1階は24時間オープンのカフェバー

ゆったりとしたベトナム時間を楽しめてステキな空間、そして、ベトナムが喫煙文化だということを思い出した場所でもありました



こんな感じで、だいぶ経った過去のホーチミン訪問の記憶を回収しながら、Urban cityに変化したホーチミンをUpdateしていました


これから旅の「Wellness&Aroma」「Foods」「Lifestyle」を発信していきます!

閲覧数:34回0件のコメント